予防医学のウンチクブログ(愛知県豊橋市|リフォーム&新築)でタグ「潜在意識 顕在意識 予防医学 建築医学 統合医療 LOHAS ロハス 豊橋 豊川 田原 三河 愛知」が付けられているもの

 

最近コンビニエンスで「野菜・果物100%」を筆頭に

「健康」「自然」「カロリーオフ」

などなど

身体に良いとされる

食べ物や飲み物が急増していますねicon:m_0203[1]

 

 

「健康志向」というムーブメントが

アメリカ本土からようやく日本にやってきた。

 

 

 

でも、ほとんどの人は

 

「え~身体にいいんだぁ~」

「そういえば、カロリー多いからなぁ」

「まっ身体にいいものは、何でも取り入れよう!」・・・別に毒じゃないんだから。

 

と、まぁこんな気持ちからじゃないかな

 

って

人事のように言ってるが・・・

 

実は上記全て私の、「健康志向な食生活」の改善

そう思い始めた

フードコーディネーター資格者としての見解であり

 

 

全て私の言葉でした。

 

 

 

確かに100%間違いではない。

でも最近、この予防医学を勉強していると

100%身体に良いとは思わなくなっている。

 

丁度良い「適量」というのがあるんですね。

 

特に病気になる原因。

ここに注目をすると

 

何故、風邪をひくのicon:question

何故、風邪をひくと熱があがるのicon:question

何故、風邪をひいても直るのicon:question

 

これらには、全て「原因」「理由」があるんですね。

 

 

 

「健康」ってなんだろう?

 

「健康」って・・・

 

辞書で調べると

「病気などがなく、心身が健やかな状態であること」

だそうです。

 

そうなんですね、病気にならない状態にする

生活習慣ですよね。

 

 

日本建築医学協会に加盟し

まず第一声でショッキングな言葉を聴きました。

 

「病は家から」

 

なんだそりゃ?

「病は気から」じゃないの?

 

どちらも正解で

 

「家にある物、一つ一つが潜在的にストレスを与えている」

 

オレゴン大学のウイリアム・モートン博士によると

「家にいる女性は、外で働く女性よりも157%もガンになりやすい」

 

という

 

相当数な人的データーと、様々なデーター結果の裏づけによる

恐ろしい発表をしました。

 

アメリカでは「健康」=「住環境」

そんなのは常識です。

 

それを裏付ける、莫大なデーターとその対策方法なども

 

医学博士

心理学者

大学教授

 

それに「国」全体としても凄い予算をつぎ込み

「健康」を

ブームじゃなくって

「大きな問題」として捉えています。

 

 

・白い壁は攻撃的な人格形成を造る。

・屋根に傾斜があると心臓病や循環器系の病気になりやすい。

 

 

食生活を「健康意識」する事はとても大事な事。

 

でも食べるのは1日3回

おやつや宴席や夜食いれたって

せいぜい1日5回くらいでしょ。

 

 

 

こんなに長いブログ読んでると

 

目が疲れてきませんかicon:eq_2[1]

  ・・・今、目を意識しましたよね。

座っているお尻も、温かくなってませんかicon:eq_2[1]

  ・・・今、お尻の温かさ意識しましたよね。

 

そう

普段は全く意識もしてないんですね。

でも

改めて問われると「あっそういえば」

と気付くはずです。

 

それを

無意識な潜在意識というんですよ。

 

寝ている時を想像してみてください。

 

誰しもが「完全な無防備」ですよね。

 

 

タンスの中には、石油製品のビニールに包まれた洋服と

防腐剤・殺虫剤その他、有害物質の宝庫

 

天井にぶら下がっている電気

枕元には電磁波を発生している電化製品

タンスの角が寝ている人を指している・・・風水では鬼角という。

 

 

意識している人なんていませんよね。

 

でも

 

人間が進化を遂げた能力の一つに

 

防衛本能というのが

誰しも備わっていて、そのおかげで

いざという時に、潜在意識から顕在意識のスイッチが切り替わり

防衛できるんです。

 

 

 

毎日毎日、必ず繰り返されていくうちに

無意識となって

心の奥底だけは

「恐怖心」=「ストレス

を溜め込んでいるんです。

 

それが、許容量を超えてしまうと

病気になったり

免疫力が弱くなったり

精神的な病になったり

 

 

無意識に身体に与える悪影響

 

 

というのは、日々

365日、24時間、毎秒

もれなく、無意識に感じるストレス

 

このストレスを感じる住環境を改善する事が

何故、重要なのかは

本当に本当に

 

皆さんに知って欲しい

 

諸外国と比べ

そこまで日本が遅れている現状なんです。

(メディア・スポンサーなどの圧力で言えないですもんね。)

 

 

食生活・・・全ての源

水   ・・・成人男性の60%・女性は55%は水分(体型により差はありますが)

空気  ・・・湿度と温度、1日20キロ以上食べている良質な空気。

 

 

トータルで裏づけ(エビデンス)を収集して

皆さんの、健康を理屈的に納得できるまで

究極を追い求めていきます。

 

 

いやいや

長いブログになっちゃったなぁ・・・

 

 

対策は住環境の整備から

これはフードコーディネーターとしての知識

建築医学からみた知識から

総合的に見出した

行き着いた答えであります。

 

 

icon:z_slowlife_rogo

何なりとご意見や独自の見解を聞かせてください。

icon:y_tel

住まいと健康アドバイザー 廣濱成一

 

 

オレンジ空と椰子の木.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。