予防医学のウンチクブログ(愛知県豊橋市|リフォーム&新築)でタグ「寝室改善 リフォーム ダニ アトピー 化学物質過敏症 シックハウス 豊橋 豊川 三河 愛知」が付けられているもの

室内の状況。

|

 

どこの家庭でも

有害となる化学物質(壁紙やタンスなどの接着剤よ塗料などに含まれている物)

ダニ(死骸・糞など)・カビ・タバコの煙などなど

 

健康にとって一番良くない事

それは

 

毎日・毎日必ず吸い続けている事ですね。

 

だから、それを改善するのは

その逆。

 

毎日・毎日悪い空気を改善した「良い空気」を吸い続ける事。

 

まず、アレルギーについて

こちらの「生活環境研究所様」のテストで採点してみてください。

 

何点でしたかicon:question

 

知らない方が良いという意見もありますが・・・

 

身内や大事な人が、アトピー生活習慣病化学物質過敏症などの

病気を一生付き合っている。

なんて聞いてしまうと、

私はそのままにはしておけなかったんです。

 

建築業界では

建築技術の向上により、

石油製品(クロスやタンスなど)にも全て対策は万全

安全な住宅を提唱してる。

 

 

確かに、なるほど、これならかなり対策はしてあるicon:body_no1

 

そう思うほとんどは、町の健康志向な工務店さん

流石icon:body_goodというか

嬉しくなってきますねicon:face_smile

 

もっともっと増えてきて欲しいですicon:ecstoramationicon:ecstoramation

 

それに対して

大手のハウジングメーカーさん

確かに企業体としては、並々ならぬ技術の結晶により

莫大な研究開発投資と大量生産により

凄い製品を世に送り出している。

 

しかし

現場は

ノルマのある営業マンが

坪単価いくらicon:questionから入る営業を続けている。

 

「もったいないicon:face_mistake

 

確かに、見た目や美観それに、理屈ではシックハウス対象「F☆☆☆☆」の推奨など

対策は「ばっちり! してあります!」

 

・・・

 

室内の空気のホコリや物体を見る装置で見てみると・・・

 

 

その室内で見る、現状に

 

100人中100人ビックリされる結果だと思いますよ。

これは、現実です。

 

早いか遅いか、どこかで国の対策項目にもなるんじゃないでしょうか。

それ程大きな大きな問題なんです。

 

単なる、リフォーム屋さんの独り言では

済ましたくない程の問題なんですよ。

 

だから

私、決めました。

 

建築屋さんやリフォーム屋さんお医者さんなどを

集めて

 

「建築医学」

「環境医学」

「室内環境」

「体内環境」

 

そして結果として

「地球環境」

 

このテーマに沿って

多くの現実のデーターと

その全ての対策について

 

いかに、室内の環境を作っている

建築屋さん、リフォーム屋さんの立場が

健康な環境を作る

大事な事をしているのか話します。

 

お医者さんでは、室内改善(建築)はできません。

でも伝えて欲しいのです。

 

近い将来

2人に1人。

ガンで亡くなる予想だそうです。

 

建築情勢の変化とともに

昔はなかった多くの生活習慣病が

急激に増えている事

他人事ではないのです。

 

ロングホーンの牛.jpg

住まいと健康アドバイザー 廣濱成一

 

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。