予防医学のウンチクブログ(愛知県豊橋市|リフォーム&新築)でタグ「ワーハリン 血管障害 静脈瘤」が付けられているもの

「健康」                       
                       
この言葉に、全くご興味の無い方は・・・ 私の経験談。私が感じた健康への価値観は「疲れちゃうかも知れません」    

                   
逆に読まない方がいいかな~?なんて感じます(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)                       
                       
私は、生まれつきの血管障害があります。・・・日本でも4例しかないなんてお医者さんにも脅かされちゃいました。                       
何回も何回も手術したり、、、検査したり、、、(つд⊂)。うんざりでした                       
                       
おまけに毎年春先になれば花粉症に悩まされ。食べるものによってはアレルギー出たり「どうなっとんじゃ~!!!」                       
って叫びたくもなります。( 」゚Д゚)」                       
                       
お医者さんにもこの薬を死ぬまで、ず~~~っと 飲みんよ! そうじゃないと血管詰まって死んじゃうよ!                       
それと・・・毎週血液の"濃さ"計って、薬の量を決めるで必ず病院に来てよ!                       
副作用があって、ケガなんかしたら、血がダラダラと止まらんくなっちゃうから気をつけてよ!                       
                       
「ていうか・・・ブルー・・・」                       
                       
それから、本業のコンサルタント業の知り合いを通じ、日本で指折りの「医師」との出会いがありました。                       
                       
とても親身に私の身体をご心配いただき、多くの教授、医学博士などご紹介いただき嬉しいお言葉もいただきました。                       
                       
「薬なんか飲んじゃだめicon:ecstoramation」                       
                       
一つの病気を一時的によくする為に、どんだけ副作用があるのか?知ってる?                       
・・・当然知るわけもないのに、、、ご丁寧にチンプンカンプンの化学式まで書いてご説明いただきました(;゚Д゚)                       
                       
確かに、知れば知るほど怖い現実。。。         意識した事もなかったな~icon:face_expressionless              
                       
ごめんなさい、、、なんだか胡散臭い健康食品屋さんみたいな文章になっちゃいました( ´,_ゝ`)                       
 

                      
薬を飲まなくても、健康な身体にする事ができる事って、、、                       
もの凄く シンプル なその分野のスペシャリストからのお言葉でした

 

それも薬を提供していた人が・・・

                       
それは                       
よく噛み・よく寝て・笑い感動し・太陽の光を程ほどに浴び・身体を暖め・鼻で呼吸する意識をする事ですよ!                       
                       
一番、重要な事って何かわかる?                       
                       
良い空気を吸う事、、、これは改善もできれば、それでいて免疫力も数段に上がる方法があるんですよ!                       
「良い空気を吸う事」                       
                       
なんじゃそりゃ~!・・・空気を改善できるん!?                       
                       
それから3年間。私なりに色々な先生方や、色々な機関(日本建築医学協会自然素材研究開発協議会)などから                       
多くの事例や、分析結果、実際に国が推進しているケミカルタウン構想などを勉強しましたφ(・ω・` )                       
                       
なんせ自分事でもありますからね。身の入り方も違います。                       
                       
いくつか分かった事がありました。                       
① 1日に吸う空気は20キロ~25キロ(ちなみに食事は2キロ・水は2リットル)                      
② そのほとんどが室内の空気                      
③ そのほとんどが寝室で寝ている時に吸っている事                      
④ 寝ている時に、病気や疲れを取る「副交感神経」というものが人間には備わっている。                      
⑤ 昔の生活には無かった有害物質が文明進化とともに増え続けている                      
⑥ その有害物質も、最近の気密性が高い住宅で「逃げ場がなくなっている」                      
⑦ 空気は肺に入り、血管を通って全身へ送られている。                      
⑧ 空気の中には有害なプラスイオンと、身体に有益なマイナスイオンが存在している。                      
⑨ プラスイオンさえ少なくなれば、人間の免疫力は回復できる。                      
⑩ 本来の人間が持っていた、自然回復力は凄い能力がある                      
                       
ようは、寝る時にいい空気を吸えば言いわけだよ!           (゚д゚)/            
                       
回りくどいけども、寝室の見直し、そうそう寝室の空気を見直せば                       
                       
「薬なんか飲まんでも、免疫力があがり、お医者さんにも通わんでいいicon:ecstoramation」                       
                       
そして、運命とは不思議なご縁もあるんですね。                       
                       
日本自然素材研究開発協議会アーテック工房社が特許を持っている                       
「 ICAS 」                       
という、電力を使わず、地球の自転を利用した                       
「 室内の空気バランスをコントロールするシステム 」                       
                     
                       
この「 ICAS 」というシステムから、極めれば世界には凄いものがあるものですね!   

                    
日本建築医学協会という、学者さんや博士号の方、お医者さんに教授の先生方、

様々な書籍や、コンサルタントでの人脈などから

                       
私の知識は、短期間の間、膨大に増えていきました。

(多くの健康建材を卸販売できる仕組みができました)    

                    
                        
私の身体に、少しずつ免疫力が付いてきた気がします。                        
そして、私とのご縁から、皆様の健康に少しでもお役に立てたら本当に本当に嬉しいです。                        
                        
まだまだ書きたい事いっぱいですが・・・

 

おいおいとicon:face_chomp                    
                 

 

住まいと健康アドバイザー「 廣濱 成一 」

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。